葬儀・法要・先祖供養・永代供養・ペット供養・墓地のことなら御前崎市の龍泉寺
ロゴ
葬儀

葬儀のご案内

龍泉寺での葬儀

お寺で葬儀をつとめられてはいかがでしょうか。

龍泉寺での葬儀の場合

本堂正面祭壇前景

会葬者席前景本堂左右 玉雲閣中 葬儀の流れ(式出棺の場合)

葬儀式次第(式出棺の場合) 葬儀の流れ(荼毘後の葬儀の場合)

葬儀式次第(荼毘後の葬儀の場合)

葬儀の流れにおける各項目の注意事項
  1. 病院でお亡くなりの場合はご遺体を自宅にお迎えください。
  2. 菩提寺に連絡をお願いします。(併せて葬儀、通夜時刻を相談してください。)
  3. 関係各所(親戚・会社・班長)に訃報の連絡をお願いします。
  4. 最初から北枕で安置されても結構ですが、通夜までには北枕にしてください。枕飾りは葬儀社で用意してくれます。
  5. 葬儀社を決めていただき打合せをお願いします。(葬儀社によりサービス内容等が異なります。)
  6. 葬儀社と細部の打合せをお願いします。打合せは互いの行き違いをなくすため喪主一人ではなく、親族、親族の方も交えて打合せをしてください。
  7. 出棺、荼毘(火葬)の時間は下記の表をご参照ください。
  8. 下記表の時間を目安に葬儀次第(式出棺・火葬後葬儀)等を親族、班の方と相談し、通夜時刻、出棺時刻時刻、葬儀時刻を決めてください。
  9. 市役所にて火葬の順番をとってください。その際、死亡診断書が必要となります。
    電話で火葬順番(空き時間)を確認されると便利です。
  10. 御前崎市役所  市民課  0537-85-1117
  11. 死亡診断書は保険解約等で必要となりますので、事前にコピーを数枚とっておいてください。
  12. 出棺、三匝(葬儀終了後)の役割表に記入をお願いします。
  13. 出棺、葬儀での挨拶文を考えておいてください。
  14. 葬儀司会者との打合せをお願いします。
  15. 弔辞、お別れの言葉(お孫さん等)を依頼される場合は、依頼される方にその旨を早めにお伝えしてください。
出棺・葬儀時間目安表
出棺について
準備していただくもの

喪主家 班の方 龍泉寺が用意するもの

不明な点、お困りの事がありましたら、遠慮せずに龍泉寺にご連絡ください。

PDFファイルボタン PDFボタン
枕経図
  1. ご遺体を安置した後、枕飾りをお願いします。
  2. 主だった枕飾りは葬儀社が準備します。
  3. 枕団子、一膳めし、浄水を備えてください。
    (一膳めしの箸は喪主が立ててください。)
  4. 枕屏風は龍泉寺がお貸しします。
  1. 通夜の法要は1時間弱を予定しています。
  2. 喪主は輪袈裟をかけてください。
  3. 通夜終了後、通夜弔問客がお帰りなったら親族の方々にて、湯灌、(病院でされている場合でもお顔、手はふいてあげてください。)
    男性の場合は髭を剃り、髪を整えてあげてください。
    女性の場合は髪を整え、薄化粧をしてあげてください。
    納棺をされても結構です。葬儀当日の朝に納棺をする方法もあります。
    納棺に際しては、故人の愛用品は節度あるものであったら一緒に棺に納めてください。火葬に支障のあるものは入れないでください。
  4. 通夜終了後、弔問客に通夜ぶるまいをして挨拶をしてください。
  5. 班長、葬儀社との葬儀当日の最終確認をお願いします。
  6. 各方面からいただいた、弔電にふり仮名をふっていただくと幸いです。
  1. 出棺時刻の30分前に伺いますので、それまでに納棺を済ませてください。
  2. 喪主は輪袈裟をかけてください。
  3. 入棺の読経後、お別れ花をしていただきます。
  4. 棺の釘打ちをしていただきます。
  5. 出棺の役割表に従って持ち物を持っていただきます。
  6. 棺は足から出してください。
  7. 見送りの方々に挨拶をしていただき出棺となります。
  8. 火葬場までの人数によりバス等の手配を葬儀社と事前に打ち合わせておいてください。
    (葬儀社により多少差があります。)
  9. 市役所より発行の火葬許可書を忘れないでお持ちください。
    (火葬場で荼毘(火葬)にする際に必要となります。)
  1. 火葬場にて荼毘(火葬)前のおつとめをします。
  2. 点火後、案内があるまで、指定された待合室にてお待ちください。
  3. 荼毘(火葬)終了の案内がありましたら、収骨場所にて、皆様にて収骨をお願い致します。
  4. 収骨終了後、葬儀場所または開蓮忌法要場所に移動してください。
  1. 喪主は輪袈裟をかけてください。
  2. 葬儀進行につきましては、先僧、司会者の案内に従いご協力ください。
  3. 葬儀開式20分前に喪主は役僧の御寺院への挨拶をお願いいたします。
  4. 葬儀開式15分前には遺族・親族・関係者の方々は席にお着きください。祭壇向かって右側が遺族・親族、左側が関係者各位の席となります。(寺院・ホールとも同じです。宅葬の場合は前列より遺族、親族、関係者となります。)
  5. 葬儀開式前に弔電の奉読をさせていただきます。(司会者により奉読)
  6. 葬儀は別紙の式次第によりつとめさせていただきます。
  7. 葬儀終了後、喪主の挨拶をお願いいたします。
  8. 葬儀終了後、菩提寺・役僧の御寺院への挨拶および謝礼(御布施)をお願い致します。
  9. 葬儀終了後の予定(お寺参り・本膳)については、菩提寺または葬儀社の方からお伝えいたします。
  10. 初七日の日程を龍泉寺と決めていただきます。
  11. 初七日以降の日程は中陰表によります。
  1. 自宅にて後飾り祭壇をお願いいたします。(葬儀社にて飾付けが実施されます。)
  2. ご先祖の仏壇があるお宅は、葬儀とは別に毎日、先祖供養をお願いいたします。
  3. 四十九日法要(大練忌)まで、後飾り祭壇にてご供養をお願いいたします。
  4. 御膳の中味は故人を供養する気持ちを大切にしていただき、精進ではなくても、故人の好きだったものを供えてくださって結構です。
  5. 初七日に伺った時、四十九日法要(大練忌)二.七日~六.七日法要についてご相談させていただきます。
  6. 詳細につきまして、初七日の時に説明させていただきます。
  7. ご不明な点がありましたら、遠慮せずいつでも龍泉寺に連絡ください。
  1. 施主家と決めた日時により法要を勤めさせていただきます。
  2. ご親戚、関係各所(出席される方々)に四十九日法要の日時案内をしてください。
    (法事案内の文章は龍泉寺にもあります。部数等言っていただければ、用意いたします。)

  3. 四十九日(大練忌)の流れ

    四十九日(大練忌)の流れ
  4. 四十九日(大練忌)四十九日餅を準備してください。(龍泉寺の場合のし餅一升枡)枡がなければお貸しします。
  5. 後飾り祭壇に飾ってあるものは、納骨時お墓に納めます。
  6. 祭壇は初盆で使用します。
  7. 籠盛等は使用葬儀社に連絡、引き取ってもらってください。

※会食場によっては移動用のバスを準備してくれます。移動を含め1時間(法要後→御墓→御寺参り→会食場)を見込んでください。

法要のご案内

法事の営み方

法事とは、本来お釈迦さまの教え、仏さまの心を知るということでしたが、しだいに仏事儀礼、行事、そして故人への供養(追善供養)を勤めることが、一般的に法事と呼ばれるようになりました。

したがって供養とは、施主が、仏さまに飲食や花をお供えし、また読経をすることによって、善根(良い行い)の功徳を積むことです。

その功徳を回向(えこう:たむけること)することによって、ご先祖さまや故人に対し、さらに、全ての生きとし生けるものに感謝の祈りをささげ、あわせて、自分を含むすべてのものが仏道を成就することを願うものです。

心のこもった法事がとり行われるように、施主としての心得を紹介します。

日取りの決定まで

年回法要は、故人の祥月命日に営むのが正式です。
日取りが内定したら、まずは菩提寺に連絡し日程を調整します。
施主家の都合のよい日であっても、寺院のほうで諸行事が予定されている場合がありますので、法事の日取りは菩提寺とよく相談したうえで、決めてください。

案内状の送付

近親者だけの法事ならば、電話連絡だけでもすみますが、故人に縁の深い人びとを招く場合には、案内状を差し出すのが丁寧です。法事の案内状に定型はありません。案内状のサンプルは龍泉寺にも用意してあります。

服装と数珠について

法事の際の服装は、施主の側は略礼服等を着用するのが一般的です。また、参列者も華美にならないように心がけ、きちんとした服装で参列しましょう。
そして、施主も参列者も数珠(念珠)を忘れずに持参します。施主は輪袈裟をかけてください。

葬儀・法事の表書き

葬儀や法事に際して、いろいろな表書きがあります。次に揚げる表書きを参照されるとよいでしょう。

表書き 読み 用途解説
御 霊 前 ごれいぜん 葬儀に際して故人の霊前に供える金品に使う。 
御 仏 前 ごぶつぜん 法事に際して故人の仏前に供える金品に使う。
御 香 典 おこうでん 霊前に香を供えてくださいという意味で使う。 
御 香 奠 おこうでん 「御香典」と同様に使う。
御香華料 おこうげりょう 「御香典」と同様に使う。
御  供 おそなえ 葬儀・法要の際、仏前に供える花や菓子、果物に使う。
御供物料 おくもつりょう 「御供」の代わりに添える金包みに使う。
菊 一 輪 きくいちりん 軽小の金包みに使う。菊の花に代えての意。
こころざし 通夜、葬儀の世話役などへのお礼に使う。
御 布 施 おふせ 葬儀、法事などでお寺や僧侶へのお礼の金包みに使う。
御 法 礼 ごほうれい 「御布施」と同様に使う。 
お寺使用の場合

●法要は参列者椅子を用意してあります。(椅子総数100脚)
●控え室は檀信徒会館「玉雲閣」をご利用ください。(冷暖房完備)

法要に際して

法事前日、お寺からお持ちいただいた塔婆は、ご先祖の仏壇に飾っていただきます。
法事前日は、お大夜(たいや)と申します。明日、ご縁をいただき法事をつとめさせていただきます、という意味合いから、夕方、ご家族で仏壇にお参りして、お線香をあげ、皆様が召し上がる物と同じ物で結構ですので御膳もあげてください。
当日は、自宅にて法事、お墓参り、お寺参り、食事の流れとなります。

法要中はご一緒にお経を読んでいただきます。 読経は、仏さまの教えを説く声であり、香のかおりが、わが身を清め、そして、立ち上る香は、私たちの思いや願いを亡き人のもとに届けてくれるといわれています。身心を正し、心を静め、故人の冥福を祈るとともに、仏さまの心、故人の教えを改めてくみとっていただきたいと思います。

ご不明な点がありましたら、遠慮せずに龍泉寺まで連絡ください。

年回忌表
年忌死去年西暦
一周忌平成31年2019年
三回忌平成30年2018年
七回忌平成26年2014年
十三回忌平成20年2008年
十七回忌平成16年2004年
二十三回忌平成10年1998年
二十七回忌平成6年1994年
三十三回忌昭和63年1988年
三十七回忌昭和59年1984年
四十三回忌昭和53年1978年
四十七回忌昭和49年1974年
五十回忌昭和46年1971年
百回忌大正10年1921年
PDFファイル PDFボタン
お問い合わせ
アクセス